前へ
次へ

美容は正午までにつくってしまおう

冬には冬の紫外線対策、夏には夏の紫外線対策が必要になるはずで、白銀の世界になる真冬にも紫外線は照り返して私たちの肌は日焼けをしてしまいます。夏に日焼け止めを使うなら、冬は美容成分たっぷりの美白化粧品を使えば美肌になれるのではないでしょうか。しかし、重視すべきは『日焼け止め』なのです。肌細胞が必要以上にメラニンをつくるのも、もとを辿れば紫外線を浴びさえしなければいいはず、肌トラブルを遠ざけるには予防する他に解決策は見つからないはずです。白肌をキープするなら、美白化粧品ではなく紫外線を浴びないために日焼け止めを使うことがポイントです。その上で、美白化粧品を使えば無敵な肌になるのではないでしょうか。なかには、UV加工を施してある日傘や帽子を使っているし、日陰を歩いているから日焼け止めを塗らない女性も少なくないでしょう。しかし、紫外線は光、先に述べたように雪であっても鏡のように使って反射し、360度肌に跳ね返ってきます。日傘や帽子で防ぐことができるのは、上から降り注ぐ直射光です。なので、ファンデーションやフィニッシュパウダーなどの美容コスメの謳い文句である360度キレイに魅せる散乱光には対応できないでしょう。直射光は日傘や帽子で、散乱光は日焼け止めでブロックするのが正しい対策になります。ちなみに、紫外線のパーセンテージでいえば、直射光が40%で散乱光は60%なのだそうです。紫外線のピークもついでに知っておきましょう。キャリアウーマンともなれば、お先に休憩入りますという具合に『パウダールームに行ってきます』などの言葉はなかなか仕事中には口に出せないでしょう。ランチ後に化粧直しをするのが一般的ですが、紫外線は午前10時から午後4時まで降り注いでおり、特に正午がピークだといいます。なかなか日焼け止めから塗り直して、という化粧直しはできないでしょうから、日焼け止め効果を謳うファンデーションやフィニッシュパウダーを重ねて対応しましょう。

栄養分析を低価格でしてほしい

第三者機関によりGAP認証を取得したいなら
こちらの会社から申し込みできます

アスベスト検査 費用 東京

ベビーシッターを神戸でお探しの方におすすめなマムメイド
保育士などの資格を持つスタッフが、お子様のお世話をいたします。

Page Top